コインチェック(coincheck)取引所でのビットコイン送金、受け取り方法

コインチェック(coincheck)で購入したビットコインなどの暗号通貨(仮想通貨)は自分のウォレットや他の取引所に送金、そして受け取りができます。

ビットコインなどの暗号通貨は通常取引所に置いておくのではなく、保管は自分のウォレットで行うのが安全です。

ただコインチェック(coincheck)の場合はコールドウォレット(インターネットと切り離されている)で保管されているので比較的安全で、また二段階認証を設定しているユーザーに対しては不正な日本円出金、暗号通貨(仮想通貨)送金に対し100万円までの補償が開始されるようですので、開始されたら100万円以内であれば入れておくのもありかと思います。(補償については取引所サイトをご確認下さい。)

参考:取引所Coincheckにおける「なりすまし」補償

こちらではコインチェック(coincheck)取引所でのビットコイン送金、受け取り方法を解説します。

尚、基本的な送金、受け取り方法がわからない場合は以下の関連記事も参照下さい。

ビットコインウォレットBlockchain.infoの使い方

・ビットコインの送金方法

「ウォレット」-「コインを送る」をクリック。

「ビットコインアドレスで送る」をクリック。
「送金先リストの編集」をクリック。
新規ラベルに好きな名前を入力。
宛先に送り先のビットコインアドレスを貼り付け。
「追加」をクリック。

リストが作成されましたので「保存」をクリック。
宛先で送金先を選択し、「金額」を入力し、「送金する」をクリックしたら完了です。
表示されている手数料が必要です。

その他の暗号通貨(仮想通貨)も基本的には同じですが、PaymentIDやメッセージを入れるものもありますので注意して下さい。

受取先がその通貨に対応しているかを確認して下さい。また受取アドレスは通貨によって違いますので注意して下さい。

・ビットコインの受け取り方法

「ウォレット」-「コインを受け取る」をクリック。

ビットコインの場合通常入金用アドレス高速入金用アドレスがあります。
よほどのことがない限り高速入金は手数料が0.02BTCと高いので使わないと思います。

通常入金用アドレスの「アドレス作成」をクリックするとアドレスが表示されます。

このアドレスをコピーしてビットコインを送金しましょう。
スマホなどの場合は「QRコードを表示」をクリックするとQRコードが表示されますので読み取って送金もできます。

その他の暗号通貨についても同じように各通貨用の「アドレスを作成」をクリックするとアドレスが表示されますのでそのアドレスに送金します。

・まとめ

コインチェック(coincheck)取引所でのビットコイン送金、受け取り方法を解説しました。コインチェック(coincheck)は時価総額の上位の暗号通貨(仮想通貨)を多く取り扱っており、一時的に保管するには便利です。補償も開始されるようですのでうまく使いましょう。(補償については取引所サイトをご確認下さい。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする