ビットコインウォレットBlockchain.infoの使い方

マニュアル

ビットコインウォレットBlokchain.infoを作成したらセキュリティー設定をまず行って、使い方を覚えましょう。

作成がまだの方はこちらを御覧ください。

ビットコインウォレットBlockchain.infoの作成方法

こちらではビットコインウォレットBlokchain.infoのセキュリティー設定の仕方や使い方を解説します。

ビットコインウォレットBlockchain.infoのセキュリティー設定

まずセキュリティーの設定を行います。これをやらないと、ウォレットが乗っ取られるハッカーにあったり、パスワード紛失時に復元できなくなります。大金が入っている場合はまず最初に行うようにしましょう。

左側の「セキュリティーセンター」をクリックします。

ここでセキュリティーの設定を行います。

レベル1

レベル1ではメールアドレスはすでに認証されているはずです。

セキュリティーセンター

次にウォレットのバックアップを行います。これを行っておかないとパスワード紛失時に資金を復元できません。取り戻す方法はありません。

パスワードはウォレット運営者も管理をしていません。あなた以外誰も知りません。ですのでウォレット運営者に言ってもわかりません。自分で管理する以外にありません。そのためにこのバックアップフレーズを用意しています。

「バックアップ・セキュリティフレーズ」をクリックし。「バックアップフレーズ」をクリックします。

バックアップフレーズパスワード

パスワードを入力し、「送信」をクリックします。

印刷

「リカバリーシートを印刷」をクリックするとメモ用のシートが印刷できます。これを印刷するか何か別にメモ帳を準備し、「次のステップ」をクリックします。

単語

単語が4つずつ出てきますので数字順に書き留めます。終わったら「次の4つの単語」をクリックし12単語すべてを書き留めたら「最後のステップ」をクリックします。

リカバリーフレーズ認証

指定された順番に当たる単語を入力し「終了」をクリックするとバックアップ完了です。
12個の単語を紛失するとビットコインを取り出せなくなりますので安全かつ厳重に保管するようにしましょう。

次にパスワードのヒントを作成できます。必要であれば作成して下さい。

(注)このバックアップフレーズで復元可能なのは「My Wallet」に入っている分だけになります。通常はないと思いますが、外部からインポートした場合やまれにウォレットのシステム変更があった場合に下のようにインポートアドレスが表示されそこに資金が入っている場合があります。その場合は「設定」-「アドレス」のところでインポートアドレスから「My Wallet」に送金しておきましょう。

レベル2

レベル2

レベル2では2つの方法どちらかで二段階認証を有効にします。ログイン時に二段階認証することによりセキュリティーを強化します。どちらかお好きな方で設定しましょう。

携帯番号認証の場合は「携帯番号をリンクする」をクリックすると入力画面が出てきますので入力し「保存」をクリック。SMSが送られてきてそれを入力すると電話番号が認証されます。

もう1つはGoogle認証システムの方法を紹介します。「2段階認証を有効にする」をクリック、「有効にする」をクリック、「Google認証システムまたはYubikeyを使用」をクリックします。

・関連記事

Google認証システムの設定方法と使い方

2段階認証

するとQRコードが出てきますので、Google認証システムアプリの「バーコードをスキャン」でスキャンし、出て来る数字を入力し、「2段階認証を有効にする」をクリックすれば完了です。

(注)何かあったときのためにこのQRコードはキャプチャーをとってどこかにバックアップしておいたほうがよいと思います。詳細は上の関連記事を御覧ください。

QRコード

レベル3

「Torリクエストをブロック」をクリック、「ブロック」をクリックで完了です。

レベル3

ビットコインの送金、受取

受取

ログイン後「受信」をクリックします。すると以下のような画面が出ます。

これはあなたの受信アドレスです。ビットコインを受け取る時はこれをコピーして送金者に伝えます。もしくはビットフライヤーなどでビットコインを購入し自分のウォレット(財布)に送金する時に送金先に指定します。

スマホで読み取る時は、右上の「View QR Code」をクリックすると、QRコードが出ますので、それを読み取って下さい。

送金

「送信」をクリックします。すると以下のような画面が出ます。

送金先のアドレスをここに貼り付けます。QRコードで読み取る時は宛先の右側にあるマークを押します。するとカメラが使えるようになります。送金するBTC数量を入力します。必要に応じて説明欄に記載します。

「次のステップ」をクリックすると確認画面が出ますので間違いなければ「送信」をクリックすると送金されます。
(注)送金先のアドレスを間違えるとビットコインを取り戻すことはできませんので注意して下さい。

設定タブについて

左側の設定タブについて順に解説します。

財布情報

こちらには財布ID(あなたがログインする際のID)とモバイルアプリベアリングコードが記載されています。

ベアリングコードはモバイルでアプリをインストールして使用する際に使います。
アプリをインストールし、自分の財布にログインする際にこのベアリングコードが必要です。

PCでベアリングコードを表示するとQRコードが出てきますので、それをモバイルでスキャンします。PINを作成して下さいと出ますので、何か決めてPINを入力するとモバイルアプリでのログインができます。PINは忘れないようにしましょう。

環境設定

携帯電話番号はログイン時、二段階認証する時に用います。
携帯電話番号を登録するとSMSが送られてきて、それを入力すると電話番号が認証されます。(セキュリティーセンターで設定した場合はすでに認証済みになっています。)

メール通知はビットコインを受信した時、通知が必要な場合にチェックします。

自動ログアウトはログインしてから何分経過したら自動でログアウトするかの設定です。慣れないうちや、やりとりなどの作業が入る時は少し長めにしておくといいでしょう。

セキュリティー

セキュリティーセンターで設定できる項目がほとんどです。

財布パスワードではパスワードの変更ができます。

第二の財布パスワードも設定ができます。

2段階認証を有効にしたり、無効にしたりできます。

2段階認証を記憶させるでは同じブラウザで使う時に二段階認証を省きたい時は有効にします。

アドレス

使用するアドレスを分類したい時に利用します。

・まとめ

以上がビットコインウォレットBlokchain.infoの使い方でした。まずセキュリティーの設定は先に済ませておきましょう。そしてIDやパスワード、リカバリーフレーズは別々に保管したり複数の場所に保管したりして工夫しましょう。あとは受信、送信を主に利用することになります。必要に応じて利用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする