暗号化ソフトBoxcryptorの使い方

暗号通貨(仮想通貨)関連の取引所やウォレットなどを扱っているとIDやパスワード、復元フレーズや二段階認証のQRコードなどどこかに厳重に保管しなければならないものがどんどん増えてきます。

保管方法として紙に書いて保存、エクセルなどのファイルにまとめて保存などいろいろありますが、何箇所にも保存していても災害などで家が流された、火事で燃えてしまったなど最悪のことも私は考えてしまいます。大事なお金が入っているのでね。

できればクラウド上に保存したいところ。ですがセキュリティーが心配です。

そういう時に重宝するのが暗号化ソフトです。

このBoxcryptorという暗号化ソフトを使えば、クラウド上に置いておいてクラウドにアクセスされたとしてもさらに暗号化していれば二重のセキュリティーになります。

こちらではこの暗号化ソフトBoxcryptorの使い方について解説します。

・Boxcryptorのインストールとアカウント登録

以下のリンクをクリックします。

Boxcryptor公式サイト

「DOWNLOAD BOXCRYPTOR」をクリックしダウンロードします。

WINDOWS以外の方は下のanother platformのところをクリックし、対応するものを選びます。

インストールしたら立ち上がると思いますので、

「CREATE ACCOUNT」をクリックします。

「Firstname」:名(ローマ字)
「Lastname」:姓(ローマ字)
「Email Address」:メールアドレス
「Password」:パスワード
「Repeat Password」パスワード再入力
「Receive Newsletter」にチェックし、「PROCEED」をクリックします。

パスワードは弊社で管理していないのでリセットすることができないので忘れないように管理下さい。もしパスワードを忘れたら暗号化されたファイルには二度とアクセスできなくなります
ということが書かれています。

同意するならチェックをし、「CREATE ACCOUNT」をクリックします。

メールが届きますので確認します。

メール内のリンクをクリックし認証しておきます。

元の画面に戻り、プランを選びます。

複数のクラウドを暗号化する場合は有料になります。
1つで充分でしょうから一番下の「FREE PLAN」の行をクリックします。

PCのドライブを見ると、「Boxcryptor(X:)」というのが出来ています。
私の場合はdropboxがすでに入っていたので自動的にこの中にdropboxが入りました。

この中に入ったファイルを暗号化できます。

同時にチュートリアルが進行状況を示します。

・Boxcryptorの使い方

無料版の場合、暗号化できるクラウドは1つだけです。
まずBoxcryptor(X:)の中にどのクラウドを入れるかを選びます。

対応するクラウドは主なところでは「Dropbox」「OneDrive」「Google drive」があるようですが「Google drive」のやり方はわかりません。
なのでそれ以外を使いました。どれか1つあればいいので。

「Boxcryptor(X:)」のところを右クリックして、「Boxcryptor」-「Settings」をクリックします。

この画面ではDropboxとOneDriveが入っています。左側にチェックを入れたものが「Boxcryptor(X:)」に入ります
暗号化したいクラウドのところにチェックを入れるようにします。

この中に入れたいクラウドが入っていない時は右側の「Add」から追加出来ますので追加して下さい。
同時に2つは指定できませんが、途中で入れ替えることはできます。
暗号化できるのは常に1つだけということです。

設定したら右上「x」で閉じます。

暗号化の仕方は簡単で、

例えば「Boxcryptor(X:)」にdropboxが入った状態でdropbox内の暗号化したいファイルを右クリックします。
「Boxcryptor」-「Encrypt」をクリックしたらそのファイルが暗号化されます。
他にもあれば同じ手順で暗号化していきます。

暗号化されたファイルはこのように鍵マークがつきます。

このファイルを元のDropboxのフォルダーで見ると

このように「.bc」のついたファイルになっています。

暗号化を解除するには

解除したいファイルを右クリックし、「Boxcryptor」-「Decrypt」をクリックします。

次の画面で「YES」をクリックします。

暗号化したファイルをBoxcryptorにログインしていない状態で開こうとするとパスワードを求められます。

・まとめ

暗号化ソフトBoxcryptorの使い方について解説しました。
まあこれだけやって破られたら仕方ないかなと思いますが。暗号通貨(仮想通貨)は銀行に預ける円預金とは違い自己責任の世界です。

取引所に預けていてもハッカーにやられたらどうしようもないです。いろんなリスクを考慮し自分でできることはやってしっかり管理するようにしましょう。

ちなみにクラウドとBoxcryptorのパスワードはスマホのどこかに忍ばせておきます。パスワードだけなら何のパスワードかわからないのでスマホ紛失でも大丈夫と思っているのですが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする