ビットコインキャッシュをLedger Nano ウォレットから取り出す方法

ビットコインのハードフォークが8月1日に行われビットコインキャッシュが生まれました。当初はマイナーも少なくなかなか送金などができない状態でしたが、ようやく送金なども正常化してきたようです。どうやらビットフライヤーなどの取引所でも売買や送金などの対応が始まったようです。

私は少しですが、ビットコインをLedger Nanoウォレットに入れていたので、そこからビットコインキャッシュを取り出す方法を調べてみました。

こちらではLedger Nanoウォレットからビットコインキャッシュを取り出す方法を解説します。

ledger Nano Sをお使いの方は前半のアップデートは不要です。その代わりthe Ledger ManagerからBitcoin Cash Walletをインストールする必要があります。

詳しくは以下Ledger Walletのページで

Bitcoin Cashについて(Ledger Wallet)

・最新のファームウェアーにアップデートする

まず準備しておくものが3点あります。

1.リカバリーシート
 QRコードの入ったシートです。
 

2.セキュリティーカード

3.復元フレーズの書いてある紙
 24の単語が書いてある復元フレーズです。

準備できたら

以下からLedger Walletアプリを立ち上げます。(必ずChromeを使用)

Ledger Walletアプリ

Ledger WalletをUSBに挿し込みます。

アップデートを促されますので「アップデート」をクリックします。

「続ける」をクリック。

webカメラがついてるPCやwebカメラをお持ちの方はカメラマークをクリックし、リカバリーシートのQRコードを読み込ませます。すると右側に英数字が反映されます。
(webカメラがない方は空欄にQRコード下の英数字を入力します。)

「続ける」をクリックします。

セキュリティーカード3,4,5,6のところがそれぞれ画面の英数字と合っているかを確認します。
合っていれば「続ける」をクリックします。

復元フレーズ(24の単語)をお持ちですよねと確認です。これがないとビットコインが失われます。

「リセット」をクリックします。

この期Ledger Walletの抜き挿しが何回か要求されますので指示に従って下さい。


私の場合は3回ぐらい抜き挿ししたんですが、その後画面が動かなくなってしまいました。
同じようになった方はもう一度最初からやり直して下さい。
(私は再度アプリを立ち上げるところからやりましたが、walletを挿しても反応しなかったため、PCを再起動したらうまくいきました。)

アップデートが開始されたらしばらくして成功の画面が出ます。

「続ける」をクリック。

「既存ウォレットの復旧」をクリック。

「続ける」をクリック。

新しいPINコードを設定します。左側に自動でPINコードが出ていますのでこれをメモします。(これは今後ウォレットにアクセスするために必要です。なくさないように。)

違うPINコードにしたい場合は右側の手動PINコードを選択し、入力します。

「続ける」をクリック。

PINコードの確認が求められますので入力し、「続ける」をクリック。

24のリカバリーフレーズを入力し、「続ける」をクリック。

「完了」をクリック。

復旧完了です。

walletを抜いて、再度アクセスし直します。

walletを挿し込みます。

先ほどの新しいPINコードを入力します。

初期画面が現れます。
これでBitcoinとBitcoin Cash両方にアクセスできる状態になりました。

「BITCOIN」をクリックします。

すると元あったビットコインが反映されているはずです。

初期画面に戻るには「設定」-「BLOCKCHAINS」をクリックします。

・ビットコインキャッシュをmainからsplitに移動

上記のままではmain walletにビットコインとビットコインキャッシュが両方共存していて、セキュリティーに問題がある可能性があるため、ビットコインキャッシュをmainからsplitに移動させることを推奨されていますのでその方法を解説します。

ビットコインキャッシュのsplit walletの受信アドレスをコピーし、ビットコインキャッシュのmain walletの送信アドレス欄に貼り付けsplit walletに送金する流れになります。

初期画面で「BITCOIN CASH」をクリック。

「SPLIT」をクリック。

split walletの場合右上にsplitという記載があります。
「受信」をクリック。

「受信アドレス」をコピーします。

閉じて、「設定」-「BLOCKCHAINS」で初期画面に戻り、「BITCOIN CASH」をクリック、

今度は「MAIN」をクリック。

main walletは右上にMainという記載があります。ここにはビットコインと同量のビットコインキャッシュが反映されているはずです。
「送信」をクリック。

金額は「MAX」をクリックすれば手持ちのビットコインキャシュすべてが金額のところに反映されます。

受信先のビットコインアドレスに先ほどsplitでコピーしたアドレスを貼り付けます。
多少手数料がとられます。
「送信」をクリック。

セキュリティーのチェックが入ります。「セキュリティカード」をクリック。

セキュリティカードを見ながら赤で強調された部分に対応する英数字を入力します。

すると送信され、しばらくすると送信成功と出ます。

送信されるとmain walletの残高は0になっているはずです。
「設定」-「BLOCKCHAINS」で初期画面に戻り、「BITCOIN CASH」をクリック、「SPLIT」をクリックし、split walletを確認します。

すると先ほどmain walletから送ったビットコインキャッシュが反映されているはずです。

これで無事ビットコインキャッシュのmainからsplitへの移動が終わりました。

・まとめ

ビットコインキャッシュをLedger nano ウォレットから取り出す方法を解説しました。
1つ1つ手順を踏んでやっていくと簡単です。

以下の公式サイトも参考にして下さい。

Ledger Nanoのアップグレード方法

ビットコインキャッシュを安全にするための手順

さてこの取り出したビットコインキャッシュをどうするか。取り扱いのある取引所はビットフライヤー、Bittrexなどですね。今後このビットコインキャッシュがどうなるかはわかりません。とりあえずBTCかメジャーなアルトコインに変えておくかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする