MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の作成方法と使い方

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)はイーサリアムの公式ウォレットであるEthereum Walletの軽量版であり、秘密鍵がネット上にないオフラインで使用できるコールドウォレットであるため、ハッキングの危険性が少ないウォレットです。

ETH(イーサリアム)、ETC(イーサリアムクラシック)、その他イーサリアム系のトークンであるOMG(OmiseGO)、PAY(TenX)、EOS(EOS)、GNT(Golem)、REP(Augur)、SNT(Status)、MGO(MobileGo)など多くのコインを保管、送金、入金できることから是非とも作っておきたいウォレットです。

こちらではMyEtherWallet(マイイーサウォレット)の作成方法と使い方を解説します。

・MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の作成方法

以下にアクセスします。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)公式ページ

一番上の言語のところを「日本語」にすると日本語に切り替わります。

9文字以上のパスワードを設定します。
右の目のところをクリックすると入力したパスワードを確認することが出来ます。

このパスワードは絶対に忘れないようにどこかにメモするようにします。
忘れたらウォレットにアクセスできなくなります。

設定したら「お財布の作成」をクリック。

「ダウンロードKeystoreファイル(UTC/JSON)」をクリックし、Keystoreファイルをダウンロードします。

このファイルはなくさないように、また他人に盗まれないように厳重に保管下さい。もしなくなった場合はウォレットにアクセスできなくなります。

理解したら、「理解できました。続けます。」をクリックします。

秘密鍵が出てきますので、メモして厳重に保管します。「お財布紙情報を印刷」をクリックするとQRコードが出てきますので、それを保管してもかまいません。

終わったら「アドレスを保存して下さい」をクリックします。

これでウォレットの作成は完了です。

・MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)のログイン方法

ログインするには2通りあります。

Keystoreファイルとパスワードでログイン

先ほどの続きのページ、もしくは上部メニューの「お財布情報を見る」をクリックしたページで

「Keystoreファイル」を選択し、「お財布ファイルを選択」から先ほどダウンロードしたファイルを選択します。

するとパスワード入力画面が出るので、パスワードを入力「アンロック」をクリックするとログインできます。

秘密鍵でログイン

秘密鍵でログインする場合は「秘密鍵」を選択し、保存してあった秘密鍵をペーストまたは入力し、「アンロック」をクリックするとログインできます。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)画面の見方


ログインすると自分のアドレスが2箇所に記載されています。
下には受信アドレスのQRコードもあります。
取引所などの外部から入金する時にはこのアドレスを指定します。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)で取り扱いのあるコインはすべてこのアドレスを使用します。
イーサリアム、イーサリアムクラシック、その他の取り扱いのあるコインもすべてこのアドレスでOKです。

右側にはETH(イーサリアム)の残高が記載されています。ETC(イーサリアムクラシック)に切り替えるには、右上の「ETH」のところを「ETC」に切り替えます。

アカウント残高の下でトランザクションの履歴を見ることができるようになっています。

トークン残高の「Show All Tokens」をクリックすると取り扱っているコインとその残高を見ることが出来ます。

「カスタムトークンを追加」ICOなどでトークンを追加する場合に使用します。
ICOが公式で指定したアドレス、トークンシンボル、ケタ数を入力するようにします。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)への入金

上で記載したように、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)で取り扱いのあるコインはすべて上記の自分のアドレスを指定して入金します。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)からの送金

上部メニューの「Ether/トークンの送出」をクリックし、

ログインする時と同じように「Keystore ファイル」もしくは「秘密鍵」を使ってアンロックします。

「送金先のアドレス」を貼り付けます。
「送出数量」を入力します。
通貨の種類を指定します。

ETCの場合は一番右上のところをETCに変えてください。

ガスリミットとは手数料のことで大きいほど送金スピードが早くなります。通常はこのままでOKです。
ICOなどで指定されている場合はその値を入力します。

ICOなどでデータの追加がある場合は緑枠のところをクリックし、データを追加します。
「トランザクションを生成」をクリック。

下にトランザクションが出てきますので、「トランザクションの送出」をクリック。

すると警告画面が出て、最後の確認を求められますので、「はい、確かです。処理を実行します。」をクリックして完了です。

・まとめ

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の作成方法と使い方について解説しました。
本来ならばハードウェアウォレットの方が安心ですが、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)もコールドウォレットですし、うまく使い分けるといいと思います。

また多くのICOで発行されたコインがあります。これを1つ作っておけばいろいろなコインを管理できますので良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする