日本初のICOトークンセール COMSA(コムサ)の概要と購入方法

日本で初めてのICOトークンセールCOMSA(コムサ)が8月3日に発表されました。発表したのは暗号通貨(仮想通貨)取引所Zaif(ザイフ)を運営しているテックビューロ株式会社というところです。
日本で初めてということで非常に注目されています。

こちらでは日本初のICOトークンセールCOMSA(コムサ)概要と登録、購入方法について解説します。

尚、COMSA(コムサ)についての詳細はホワイトペーパーをダウンロードして読むことが出来ます。より詳しい内容はこちらから登録しホワイトペーパーを熟読してください。

COMSA(コムサ)登録

ホワイトペーパーの内容は難しい部分もあるので、本記事ではできるだけ噛み砕いた形でシェアーをしています。

・ICOとは

ICOとは企業や団体が資金を調達するために、独自の暗号通貨(仮想通貨)やトークンを発行することです。

その資金は事業や開発に使われます。どういうものに使われるかや今後のビジョンなどは募集時に発行されるホワイトペーパーというものに記載されます。

出資者はそれを見て出資するかを検討し、今後その事業が発展することにより、発行した暗号通貨(仮想通貨)やトークンの価値が上がることを見込んだり、それを保有していることにより何らかのサービスやメリットが与えられることがあったりすることから出資することになります。

株のIPOと似たものですが、IPOはいろんな条件などによりハードルが高いことと、ICOは短期間で資金が調達できることから最近人気となっています。出資にはICOを行う企業や団体が指定した暗号通貨(仮想通貨)で行われることが多いです。

・COMSA(コムサ)概要

COMSA(コムサ)というのは実ビジネスのブロックチェーン導入を支援するプロジェクトです。ブロックチェーンの技術の導入に意欲的な企業や団体のために、ICOプラットフォームとしてCOMSA(コムサ)を提供します。

すなわち資金を調達したい企業や団体はCOMSA(コムサ)というプラットフォームを使ってICOができるということです。

そのためにまずテックビューロ株式会社は自社のICOとしてCOMSA(コムサ)のトークンセールを行います。

セール期間前に登録をするとCOMSAトークン(CMS)が購入できます。購入したCOMSAトークンは、以降COMSAプラットフォームにて実施するICOの払込手段として利用できます。

CMSトークンを払込手段として利用した場合には5%の追加ボーナスが付与される特権が得られます。また今後のICO案件において特別なクローズドのプレセールへ招待される特権が付与される予定です。

すでに確定しているICO案件(2017年度)

・株式会社プレミアムウォーターホールディングス(東証二部:2588)
・株式会社CAMPFIRE 日本最大のクラウドファンディングサービス(追記:中止となりました)

(追記)
・テックビューロ、Looop、クリプトマイニングジャパン(CMJ)の3社は、それぞれの取引所、電力供給、仮想通貨マイニング(採掘)のノウハウを持ち寄り、収益性の面でも国際的競争力を有したマイニング事業に関する業務提携を実施いたします。また、LooopとCMJはCOMSAソリューションを用いたICOの実施計画も発表しました。

・メタップスは、時間取引所「タイムバンク」に関して、テックビューロが提供するICOソリューション「COMSA」を用いたICOの実施を合意いたしました。実施スケジュールは早ければ年内を予定しています。

上記以外のICO案件については準備が整い次第公開される予定となっています。
COMSAのゴールは、2018年度の終わりまでに、20以上のICO案件で合計1億ドル以上の調達を実施することです。

ICO案件についてはテックビューロとICO協議会によって審査されます。潜在的なリスクを含有するものについてはコミュニティー投票へと意思決定が昇格されます。
CMSトークンの保有数に応じて投票する権利が与えられます。

ICO協議会メンバー

ICO協議会の会員は様々なコミュニティーや分野において活躍された実績のある方々を誘致しています。
このメンバーがすごいです。

上場企業の方々だけでも

インフォテリア 代表取締役社長 平野 洋一郎
マネーパートナーズ 広報・新規事業推進室長 西村 依希子
フィスコ 代表取締役社長 狩野 仁志
カイカ CEO兼代表取締役会長 八木 隆二
オウケイウェイヴ 代表取締役社長 兼元 謙任
さくらインターネット 代表取締役社長 田中 邦裕
メタップス 代表取締役社長 佐藤 航陽
東海東京証券 企業金融部長 井面 善友

そして私がこの人一番詳しいのではないかと思う
株式会社ユナイテッド・ビットコイナーズCSO 大石 哲之さんも入っています。

ということでそんなに変な案件は出てこないのではないかと思っています。

・COMSA(コムサ)トークンセールのスケジュールと発行総数

トークンセール期間
2017年10月2日14時~11月6日14時(セール期間以前に登録をしないと購入はできません)
(追記:セール期間中でも登録可能になりました。)

発行について
1USD相当の購入に対し1COMSA(CMS)が取得できる。
・セール期間中の発行数の上限はないので希望した分購入が可能
・セール期間終了時セール参加者分と同数のトークンを足した数で発行数はロックされる。
(申し込み数が100なら200でロックされる。)

 追加された分の内訳は
トークンセールの紹介者ボーナス・・・10%
テックビューロ経営陣、ステークホルダー、開発者、従業員、契約社員、COMSA ICO協議会運営・・・40%
テックビューロ・・・50%
 となる
10万ドル相当以上の購入を希望される方は20%ボーナス付きのプレセールに参加することができる。
 (プレセールはすでに始まっています。希望者はCOMSAマネージメントに連絡)

・COMSA(コムサ)の購入方法

COMSA(コムサ)登録

まずセール開始の10月2日14時以前に登録をしないと購入できないようになっています。
(追記:セール期間中でも登録可になりました。)
登録はメールアドレスだけで簡単に登録出来、登録しても必ず買わないといけないということはありませんので、登録だけ済ませてから考えてもいいでしょう。
私も資金と相談の上どうしようかこれから考えます。

登録は以下COMSA(コムサ)公式ページで登録出来ます。

COMSA(コムサ)公式ページ

メールアドレス、パスワードを入力し「登録」をクリックするとメールが届きますので、メールのリンクをクリックして登録完了です。

COMSA(コムサ)の購入方法

購入はBTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XEM(ネム)、Zaifトークン(Zaifのみ取り扱い)による購入が可能です。

事前にいずれかの準備をする場合は以下に口座開設して準備下さい。

coincheck(コインチェック) → コインチェック(coincheck)取引所の登録、口座開設方法
Zaif(ザイフ) → Zaif(ザイフ)取引所の登録、口座開設と本人確認書類の提出

尚zaifは非常に込み合っていて本人確認認証に非常に時間がかかるという情報があります。(2017.9.4現在)
ですのでZaif以外の口座も開設しておくことをおすすめします。

今後Zaif(ザイフ)ではCOMSA(CMS)が取り扱われるはずですので時間がかかっても開設はしておいて下さい。

・まとめ

ICOトークンセールCOMSA(コムサ)についてその概要と登録・購入方法について解説しました。非常に注目されており9/4の時点で登録者は10万人を突破しています。

COMSA(コムサ)トークンが上がるかどうかは需要がどれぐらい増えるかによって決まります。すなわち今後出てくるICO案件が魅力的なものであり、参加したい人が増えるなら、COMSA(コムサ)トークンを買って出資する人が増えるということですから、COMSA(CMS)を買いたい人が増え上がります。

先のことはどうなるかは誰にもわかりませんが、登録者のペースからみても期待は大きいことは確かです。

まずは登録し、ホワイトペーパーをダウンロードしてじっくり検討しましょう。

COMSA(コムサ)登録ページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする