待望の金融系暗号通貨、レンドロイド(LENDROID)のICOプレセール開始

待望の金融系の暗号通貨レンドロイド(LENDROID)のICOがついに開始されます。

レンドロイド(LENDROID)はビットコイン(BTC)を担保に個人でも簡単にお金を借りれるという仕組みを持つ暗号通貨です。
そしてさらに逆にレンドロイドの仕組みを使ってお金を他人に貸すことも出来てしまいます。貸せば利息を得ることが出来ます。

そうです。まさに銀行がやっていることと同じことが個人でできるようになるのです。
間違いなく需要がありそうです。

こちらでは待望の金融系暗号通貨レンドロイド(LENDROID)の概要と購入方法について解説します。

・レンドロイド(LENDROID)の概要

公式ホームページ、ホワイトペーパー、プレゼンテーション資料は以下のリンクをクリック下さい。

レンドロイド(LENDROID)公式ホームページ(英語)

レンドロイド(LENDROID)ホワイトペーパー(英語)

プレゼンテーション資料(日本語)

分散型デジタルアセット融資プラットフォーム

分散型デジタルアセット融資プラットフォームという何やら難しい言葉が出てきましたが、個人間でよりスピーディーにお金の貸し借りができるということですね。

これは画期的な機能です。もはや銀行はピンチです。同じことが出来てしまいます。

例えばこんなことないでしょうか。
ビットコイン(BTC)を持っていて他のアルトコインを買いたいと思った時、手持ちのビットコインをアルトコインに両替し、アルトコインを手に入れます。
で、ビットコインを手放したら、ビットコインが上昇してしまい、ビットコインを持っておけばよかったと。

他のアルトコインを買いたいが、ビットコインは手放したくない。こんな時にレンドロイドを使うと、ビットコインを担保にしてお金を借り、アルトコインを買えます。

すなわち両方保持できる状態に。もちろんアルトコインの方は借金ですので、利息は払う必要はありますし、いずれは返す必要があります。下がれば損失を被ります。
ただ基本的に暗号通貨は現在右肩上がりですので、うまく使えばレバレッジが効きますね。

借りて買ったものが倍になればそれで返してあとはリスクフリーなんてこともできますね。

さらに貸す側にもまわれます。レンドロイド(LENDROID)を使ってお金を貸せば利息が受け取れます
担保としては将来的には他の暗号通貨やポイント、マイル、ドメインなどいろんなものを担保にできるよう開発する予定になっています。

個人で金融業ができるとんでもない暗号通貨がこのレンドロイド(LENDROID)なのです。

となると当然大手取引所や企業も利用するようになるでしょうね。需要は間違いなく増え、需要が増えれば当然価値は上がります。

レンドロイド(LENDROID)の開発陣

ではこの画期的なシステムが本当に可能なのか。
それには開発陣が重要になってきます。

開発陣には有名なハシーブ氏ヴィグニッシュ氏がいます。

ハシーブ氏はビットコインATMで有名なBitacccessの創業者で、天才プログラマーです。
ヴィグニッシュ氏は現在爆上げ中のADAコインの開発者であるチャールズ・ホスキンソン氏と寝食を共にしてイーサリアムを開発した方です。

この2人の天才的な実績のある方がメンバーであれば非常に信頼性は高いですよね。

・レンドロイド(LENDROID)ロードマップとICOのスケジュール

第1期プレセール(終了)
2017年11月11日~30日
販売LST 4億円
販売価格 $0.030/LST

第2期プレセール
2017年12月1日~2018年1月31日
販売LST 6億円
販売価格 $0.032/LST

LENDROID対応ウォレットFG WALLET
iPhone版 公開済み
Android版 12月中に公開時期発表予定

FG Wallet

FG Wallet
無料
posted with アプリーチ


レンドロイドサポートトークンLSTの配布を開始
2018年1月予定

プロトコルが、マルチシグからトークンホルダー投票に切り替わる
2018年3Q

プラットフォーム公開
2018年9月以降

マルチチェーンアセットサポートを開始
2018年4Q

総発行量は60億LSTです。日本でのプレセールは2018年1月末もしくはなくなった時点で終了です。その後は海外のプレセールとなります。

・レンドロイド(LENDROID)の購入方法

レンドロイド(LENDROID)を購入するには紹介者が必要です。
第1期プレセールでの購入者のみが代理店権利を得られます。
私は代理店の権利を保有していますので紹介が可能です。

申し込みは原始的な紙の申込書を印刷し、必要事項を記載の上レンドロイドサポートセンターへ郵送するという流れになります。
必ずパスポートもしくは運転免許証のカラーコピーを同封するようにして下さい。

購入を希望される方は折り返し申込書をメールで送付しますので以下からご連絡下さい。
(題名にレンドロイド申込書と記載下さい。)

レンドロイド申込書請求

申し込み単位:
$1000以上$1000単位での受付です。(申込書には$1000,$3000,$5000と記載ありますが、$2000とか$1000単位であれば可能です。)
(決済は何回かに分けて決済となります。)
(追記:$10000以上購入の方は5%のボーナスがつくそうです。)

決済方法:
日本円振込ビットコイン(BTC)を選択できます。ADAでの決済も可能とのことですが現在は準備中です。
日本円の場合は申込書記載の口座に振り込む形となります。(レートは申込書記載のレートになります。)
BTCの場合は申込書内のQRコード読み取り、PCの場合はlendoroid.info(QRコードの下の部分をクリック)より決済する形となります。

決済期限は申請日より1週間以内となります。先に決済してから申込書を送るのでもかまいません。

ビットコイン(BTC)での決済について

QRコード読み取りもしくはQRコード下部分をクリックすると以下のような画面が出ます。

右上で「Japanese」を選択すると日本語になります。
必要事項を記入して下さい。

紹介コード申込書の私のIDを記載下さい。
あなたは会員ですかのところは「いいえ」を選択して下さい。
申し込み金額を選択して下さい。
規約に同意をチェックし、「情報を提出する」をクリックします。

決済画面が出ますので指定されたBTC数をウォレットから送信して下さい。(取引所からではなくblockchainなど自分のウォレットから送信下さい。)(勝手に自分で計算しないように!必ず指定されたBTC数を送信すること。)

送信して放置していれば上の画面になりますので支払い完了となります。

決済完了ししばらくしたらこのようなメールが来ます。

また申請書を送って2~3週間後に上のような受領した旨のメールも来ました。

・まとめ

待望の金融系暗号通貨レンドロイド(LENDROID)の概要と購入方法について解説しました。
お金の貸し借りができる待望の金融系暗号通貨がいよいよ登場します。
2018年9月に公開予定ですが、たいていICOは遅れることが多いので2018年末ぐらいになるかもしれません。
需要も半端なくありそうなので非常に期待できると思います。
他にもICOを紹介していますが間違いなく一押しのICOです。

申し込み希望の方はこちらより申込書を申請下さい。
(題名にレンドロイド申込書と記載下さい。)

レンドロイド申込書請求

いつものようにあらゆる投資に絶対はありませんので自己責任にてご判断下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. hiroyuki より:

    そうです。まさに銀行がやっていることと同じことが個人でできるようになるのです。

    って、これは違法でしょ??少なくても日本では

    • bittoku より:

      暗号通貨に関しては現状法整備がまったく追いついていない状況です。ようやく取引所に関しても今頃免許の審査をしている状況ですので、法整備が追いつくのはかなり先の話になりそうですね。今のところは何とも言えないということでしょう。基本的に便利なもの、需要があるものはそれに合わせて法律が整備されていきます。時代の流れに沿って物事が進んでいくと私は思っています。