Binance(バイナンス)取引所の登録(口座開設)方法

Binance(バイナンス)取引所中国の取引所ですが、なんと日本語対応しています。
また、日本人が多く保有しているADAコインや、ビットコインのハードフォークコインも多く扱われるようです。

最近は急成長し世界でも上位の取引高を誇っています。
また取引所発行のBNBトークンを使えば、取引手数料通常でも安い0.1%から0.05%になるサービスもあります。
扱うコインの種類も約80種類(2017年12月現在)と多いのが特徴です。

是非登録しておきたい取引所です。

こちらではBinance(バイナンス)取引所の登録(口座開設)方法について解説したいと思います。

・Binance(バイナンス)取引所の登録(口座開設)方法

以下のリンクをクリックします。

Binance(バイナンス)取引所

右上の「登録」をクリックします。

「メールアドレス」「パスワード」「パスワード確認」を入力、その下は紹介者ID欄なのでそのままで、利用規約を確認し、チェックを入れます。
「登録」をクリックします。

赤枠で囲った部分を右にドラッグしていくとパズルのピースのようなものが現れるので、ピースがはまるところでストップします。

メール検証の画面になります。

メールが届いているはずですので確認します。

メール内の「Verify Email」をクリックします。

これでアカウントが有効になりログインできます。

これで1日2BTCまでは出金可能になります。
(但し今後変更される可能性があるので、身分証登録されることをおすすめします。)

・二段階認証の設定

他の取引所同様に二段階認証の設定は必ずしておきましょう。しなければハッキングに合うと考えておいたほうがいいです。

ログインすると以下のように二段階認証を促す画面が出ます。

もしくは右下の二次検証のgoogle検証のところをクリックします。
(携帯認証は中国人しかできないようになっているようです。)

スマホでgoogle認証アプリを立ち上げQRコードを読み取って下さい。

google認証が初めての方は以下を参照下さい。
Google認証システムの設定方法と使い方

QRコードとその右側のsecretkeyはスマホ紛失等のときのため保存するようにして下さい。

右側の「パスワード」「認証コード」を入力し、「Enable 2FA」をクリックします。

・身分証の登録

今のところ身分証の登録がなくても1日2BTCまでの出金は可能です。
但し今後身分証を出さないと出金できなくなる可能性もありますので、身分証の登録をしておくことをおすすめします。

右上の人型マークをクリックし、「ユーザーセンター」をクリックします。

そして、「身分認証完成」をクリックします。

「ほかの国と地域」を選択、「名前」「姓」をローマ字で、「性別」を選択、「国」を選択(右のタブで選ぶ)、「パスポート番号」(免許証番号)を記入。
身分証はパスポートが無難ですが、免許証でも一応OKとなっています。

パスポートカバーの写真と顔写真のところのページをそれぞれアップロードします。(免許証の場合は上に表面、下に裏面をアップロード。)
(画像形式はjpgのみです。)

次にパスポートの個人情報ページ(または免許証の表面)と「Binance」「当日の日付」を書いた紙を持った自撮り写真(セルフィー)をアップロードします。

完了したら「確認」をクリックします。

・まとめ

Binance(バイナンス)取引所の登録(口座開設)方法について解説しました。
中国の取引所ですが扱うコインも多いし、日本語対応なので日本人は使いやすいですね。

今のところ簡単な登録だけで2BTCまで出金可能なのは嬉しいですが、今後身分証を出さないと出金できないようになるかもしれません。
くれぐれもご注意を。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする