ビットコイン取引所 ビットフライヤー(BitFlyer)の使い方

取引所

暗号通貨(仮想通貨)を購入するにはまず代表的なコインビットコインの購入から始めましょう。ビットコインの購入はビットコインを購入できる取引所で行います。

こちらではビットコインを購入できるおすすめの取引所であるビットフライヤー(BitFlyer)の概要とアカウント作成、入出金についてまとめたいと思います。

・ビットフライヤー(BitFlyer)の概要

ビットフライヤー(BitFlyer)は2014年設立され、リクルート、GMO、SBIインベストメントなど大企業が出資しており、安心して取引ができます。ユーザー数国内最大のビットコイン取引所です。取引量は日本一です。(2017年2月現在)
ビットコインの購入、売却、クラウドファンディング、仮想通貨に関するニュースも提供しています。

また、BitFlyer経由でサービスを利用するとビットコインをもらえるサービスもあります。無料会員登録や資料請求、商品購入、カード発行、口座開設などいろいろあります。

bitFlyer Lightningというトレードプラットフォームも提供しています。

・アカウント作成方法

アカウントは無料で作成できます。

以下にアクセスします。

ビットフライヤー(BitFlyer)

メールアドレスパスワードを入力し、「アカウント作成」をクリックします。
facebookやyahoo IDやGoogleアカウントでも登録することが可能です。

画面が以下のようになり、登録したメールアドレスに以下のようなメールが届きます。

ようこそBitflyerへ

bitflyerアカウント確認メール

メールの指示通りにアカウント作成を進めます。これだけでアカウントの作成はできます。

ビットフライヤーをはじめる

上のような画面になっていますので、3箇所チェック「BitFlyerをはじめる」をクリックします。
今後のログインはメールアドレスと設定したパスワードを使用してログインします。

最初のアカウント情報は以下のようになっており、スタンバイクラスとなっています。

スタンバイクラス

このままでは取引量などに制限があるのでビジネスクラスまでは上げておきましょう。

携帯電話番号認証かFacebook連携→エコノミークラス
銀行認証→プレミアムエコノミー
本人確認資料の提出→ビジネスクラス

ビジネスクラスまで上げると以下のような画面になります。

ビジネスクラス

セキュリティーを強化するため二段階認証もできます。是非設定することをおすすめします。
これでようやく取引できる体制が整いました。

・入出金

次に日本円の入金です。ビットコインを購入するには日本円を入金してからビットコインを購入する方法と、クレジットカードで直接ビットコインを購入する方法があります。但しクレジットカードで購入したビットコインは購入後1週間売却、送付ができませんのでご注意下さい。

以下は日本円を入金する方法です。
入出金のところをクリックすると以下のような画面になり、日本円ご入金になっていると思いますので、ここに記載されているお客様用日本円振込先に登録した口座から入金できます。お客様によって振り込む口座が違います。

入金

銀行認証の際に認証された口座から必ず入金するようにします。別の口座から入金したい場合は銀行口座情報を追加できます。必ず本人名義の口座を使用して下さい。

出金は日本円ご出金からできます。

・まとめ

ここまで完了し日本円を入金すればビットコインの購入が可能です。クレジットカードでの購入もできます。

購入の仕方については以下を参照下さい。

ビットフライヤー(BitFlyer)の使い方 ビットコインの購入、送金

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする