ビットコインをTwitterで送金!CoinTipというサービス開始!

cointipロゴ2

株式会社セレスというところが東京大学発のベンチャー企業であるジャノムと共同開発したビットコイン送金サービスCoinTipのサービスを開始しました。

いったいどんなサービスなんでしょうか。CoinTipの概要と使い方をこちらでまとめてみます。

・CoinTipのサービス内容

CoinTipTwitter気軽に少額のチップをすることが可能なサービスです。

ビットコインは送金先のアドレスがわからないと送金ができません。
しかしこのCoinTipではアドレスがわからなくても送金が出来るシステムなんです。

Twitterで簡単な定型文をつぶやくだけで相手のアカウントにビットコインを送金できます。

仕組みとしてはCoinTipがTwitter上のコメントに含まれるコマンドを解析することによってビットコインのユーザー間の送金処理を行うということのようです。

例えば海外や国内のアーティストに対し、あるいは寄付したい相手に対し、SNS上のアカウントを使ってチップによる応援ができるということです。

寄付する時もNPO団体などを通すことなく直接寄付ができるようになります。

CoinTipは多言語対応のグローバル化を目指すとのことです。

資金決済法の改正によりビットコインが決済通貨として法的に認められました。
決済や送金といったアプリケーションが現在はまだまだ不足していますので、今後このようなサービスがどんどん増える事が期待されます。

尚、この発表で(株)セレスの株価は急騰しています。

・CoinTipの使い方

こちらがCoinTipのサイトです。

https://cointip.jp/

cintiptop

Twitterを立ち上げた状態で「ログイン」をくりっくして連携アプリ承認をします。「利用規約に同意して始める」をクリックします。

cointip利用規約

すると以下の画面になります。

ciontipマイページ

チップ残高がないとチップできないので、チャージが必要です。
「チャージする」の箇所に記載のアドレスに自分のビットコインウォレットから送金しチャージします。残高が反映されるまで10~30分かかります。

【送金方法1】
CoinTipのマイページでチャージ残高が確認出来たら、「誰に送る?」のところに送る相手のTwitter ID(ユーザー名)を入力し、「いくら送る?」のところに送るBTC金額を入力します。単位はmBTCです。

最後に「チップする」をクリックすると送金できます。

送金は0.00001mBTC(約0.0008円)から可能です。1BTC=1000mBTCです。(1BTC=80000円として)

【送金方法2】
連携承認されたtwitterアカウントで例えば相手に10mBTC送金したい場合は「@cointip_jp tip @(送りたい相手のID)10」とツイートすると送金されます。

・まとめ

いよいよビットコインアドレスがわからなくてもTwitterで送金できるというサービスが開始しました。ビットコインは送金手数料が非常に少ないことが売りなので今後このように手軽に送金出来るサービスがどんどん出てくると思います。
Twitterでチップが送金できるなんて画期的ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする