Google認証システムの設定方法と使い方

パソコンのセキュリティー

暗号通貨(仮想通貨)を取り扱う際に非常に重要になってくるのがセキュリティーです。ウォレットや取引所にログインする際にはIDとパスワードを使用しますが、それだけではハッカーに盗まれ盗難される恐れがあります。そこで導入すべきなのは二段階認証システムです。

銀行でも最近はネットでの振込の時にはワンタイムパスワードというのを使いますが、これと同じことがgoogle認証システムのアプリを利用することによってできます。

自分の資金は自分で守らないといけません。google認証システムを導入することによってセキュリティーレベルは格段に上がります。必ず導入するようにしましょう。

こちらではgoogle認証システムの設定方法と使い方について解説します。

・Google認証システムアプリのインストールと使い方

Google 認証システム

Google 認証システム
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

上記よりアプリをインストールします。

インストール後アプリを起動します。

初期画面

「開始」をクリック。

ガイド

次の画面以降はガイドになるので「スキップ」をクリック。

バーコードをスキャン

「バーコードをスキャン」をクリック。

するとQRコードを読み取る画面になりますので、二段階認証を導入したいもののQRコードをスキャンします。

(注)この時にこのQRコードのキャプチャーをとっておきどこかに保存しておくことをおすすめします。スマホの紛失、盗難、故障、誤ってアンインストール、スマホを買い替えた場合に移行するのを忘れた際に
ビットコインウォレットBlockchain.infoで問題が起こった時の対処法
で記載のように対処する方法もありますが、導入するものによっては対処法がない場合があります。念のためこの時のQRコードを保存しておくと、例えば家族のスマホなどで対処が可能です。QRコードは1回設定すると二度と出て来ませんのでこの時に保存するようにします。

設定完了

これで設定完了です。

次回からは起動すると下の画面になります。10秒ごとに数字が変わるようになっています。

次回からの画面

新たに別のものに追加導入する時、例えばウォレットに導入した後にビットフライヤーにも導入したい時などは右下の+のマークを押せばバーコードをスキャンが出てきますのでそれでスキャンします。

・Googleアカウントに二段階認証を導入する場合

こちらは重要度は低いですがGoogleアカウントにも二段階認証を設定できます。

https://accounts.google.com/

こちらから設定したいGoogleアカウントにログインします。

ログインとセキュリティー

「ログインとセキュリティー」をクリック。

二段階認証システム

下に降りていって「2段階認証プロセス」をクリック。

開始

「開始」をクリック。次の画面で再度パスワード入力を求められますので、入力しログイン。

電話番号認証

ここでまず電話番号認証が必要になります。日本を選択すると「+81」が出ますのでスマホの電話番号を最初の0をとって入れます。SMSか音声かどちらかを選択し「試す」をクリック。

確認コード入力

スマホに届いた確認コードを入力し「次へ」をクリック。

二段階認証システム有効

これで電話番号認証での二段階認証システムが有効になります。しかし電話番号認証は届くのを待たないといけないので面倒です。

2番目の予備

下に行くと予備手順の2番目を設定の中に認証システムアプリとあります。「設定」をクリック。

機種選択画面

機種選択画面が出ますのでどちらか決めて「次へ」をクリック。

googleアカウントQR

ここでQRコードが出ます。スマホでGoogle認証アプリを起動し、バーコードでスキャンします。
(注)ここで念のためこのQRコードをキャプチャーして保存しておきましょう。保存しておかなかったら、最悪スマホを買い換える時に移行するの忘れた、電話番号も変えてしまった場合はアウトです。二度とログイン出来ません。

「次へ」をクリック。

コード入力

認証アプリのコードを入力します。「確認」をクリックし設定完了です。

・まとめ

Google二段階認証システムの解説をしてきました。ウォレットと取引所に大金が残っている場合は必ず設定するようにしましょう。スマホを買い換える時は一旦設定をはずすのを忘れないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする