暗号通貨(仮想通貨)のICO情報を入手できるICOクラブ


仮想通貨元年と言われた2017年が終わり、2018年はICO元年と言われたりもします。

ICOとはInitial Coin Offeringの略で、企業やプロジェクトなどが独自の暗号通貨(仮想通貨)を発行し資金調達を行うもの、発行したコインは開発等がうまくいけば取引所に上場し価値が付き、場合によっては購入時の数百倍にもなるものもあります。一方、価値が付いても原価割れそもそも上場しないことも多くなってきています。

ICOにまつわる情報は乱立しており、数あるICOの中から価値ある情報を見極める必要があります。そこでそれらの情報を日本語で提供してくれるコミュニティ、その名もICOクラブというものがあります。

名前が分かりやすいので、今世界中から注目されていて、毎月200件ほど「ウチのICOを売ってくれ!」と言う依頼が来ており、ICOクラブのICO精査チームにより精査された有力な案件のみ会員様へ卸しているという他では真似出来ないコミュニティです。

本来あまりこういうのは紹介しないのですが、このICOクラブは私の友人が行っていて、信頼できるため紹介しておきます。

それではICOクラブの概要について解説します。

募集は終了しました。

・ICOクラブ概要

ICOクラブでは、時価総額TOP20に入る様な多くの暗号通貨企業を日本に呼び寄せてイベントを行い、仮想通貨の健全性や可能性を世界へ広く発信する活動で、仮想通貨市場全体の活性化にも貢献しております。

また、最上流の暗号通貨企業たちから得られる情報で、半ば出来レース的に仮想通貨投資で利益を上げています。

ICOクラブで提供しているもの

・PPS案件の紹介
 会員限定ボーナス付き、小口参加可能な有望ICOプレセールを紹介しています。
・仮想通貨投資スタートアップマニュアル
 pdf、解説動画など
・全国セミナー
 6回以上/年
・ICOクラブパーティー参加権利
 セミナー後のアフターパーティー中心にメンバーが交流できる機会を作ります。
・仮想通貨勉強会
 口座開設、ウォレット作成など仮想通貨投資の基礎の基礎からサポートします。
・情報交換食事会
・回数無制限の万全サポート
 LINE@を中心に、メール、電話サポート完備
 
詳しくはこちら → ICOクラブについて

ICOクラブ活動実績

9月末に推奨したICO案件 AION

こちらは、3ヶ月経たずに上場し最高15倍の価格をつけました。現在(2018.1.19)7.5倍程度の価格をつけています。

8月にMeetupを行った暗号通貨 NEO
9月にMeetupを行った暗号通貨 LISK
11月にMeetupを行った暗号通貨 QTUM、ARDR、Nxt…他多数

このように世界レベルの暗号通貨のキーマンたちとのコネクションにより爆上がり暗号通貨の極秘情報を掴めます。
ICOだけではなく現在上場している暗号通貨のリアルタイムな値上がり通貨予想もお届けできます。

・ICOクラブ期間限定募集

10月から始まったICOクラブですが、この立ち上げたった3ヶ月で築いた強い信頼と実績により、

『家族や友達を紹介したい!』

という会員さんが後を絶ちませんでした。

そこで遂に

ICOクラブ”を一般公開することになりました!

参加費は年間たったの約5万円で全ての情報が得られます。

30日間の完全返金保証も付けて!!です。

12月にクラブからのbitcoin暴落警報で事前に利確して、暴落時は底値で買い戻す事が出来、増えたbitcoinを推奨されているアルトに分散投資しました等の声も多数頂いております。

是非これを機会に参加してみて下さい。

→ 募集は終了しました

・まとめ

暗号通貨(仮想通貨)投資は情報が命です。質のよい情報を早く得られるかどうかが鍵となります。
ICOクラブは厳選されたICOの案件を会員限定ボーナスや小口参加で紹介してくれるコミュニティーです。

ICOの情報についてはよいものがあれば、本サイトでも今後紹介していきますが、締め切りまでの期間があまりなく紹介できないものもあります。そういう時はこのようなコミュニティーで素早く情報を得ることが大事になってきます。

1件ICOが当たれば参加費はすぐに回収できてお釣りが来るでしょう。そういう意味でも特に何のコミュニティーにも入っておらず、ICO情報が欲しい方は是非参加してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする