DAICOを初めて利用したICO The Abyss(アビス)の概要と購入方法

ICOといえば詐欺まがいのものも多く、お金を集めたのに全く開発がされていないというようなものがたくさん存在します。
そこでイーサリアムの開発者であるヴィタリック氏が提唱するDAICOという仕組みがあります。

その仕組みを初めて利用したICOであるThe Abyss(アビス)のICOが開始されます。

The Abyss公式サイト

こちらではDAICOを初めて利用したICOであるThe Abyss(アビス)の概要と購入方法について解説します。

・DAICOとは

DAICOとはイーサリアムの開発者であるヴィタリック氏が提唱する不正を防ぐためのICOの仕組みです。

ICOでは資金を集めたものの全く開発が進まないものや初めから詐欺目的で金を集めるものなどが多く存在します。そのため各国は何らかの規制をかけなければなりません。このDAICOという仕組みは非中央集権的に不正を防ごうという仕組みになっています。

まず投資家からETH(イーサリアム)を調達し、その代わりにトークンを与えるというところまでは現在のICOと同じです。
ここからが違います。

販売期間が終了しても、プロジェクト側は自由にETHを引き出せません

ここでTAPという概念が出てきます。このTAPの値によってプロジェクト側がETHを引き出せる量が決まります。
定期的にトークンホルダーによる投票が行われ、トークンホルダーはTAPの値を引き上げるプロジェクトの閉鎖を決定し残りのETHをトークンホルダーが引き出せるようにするのかの投票をします。TAPの値を引き下げることはできません。

プロジェクト側はTAPを引き下げる権限しかありません。

TAPの値が上がればプロジェクト側はその分だけ少しずつ資金を引き出すことができます。プロジェクト側はロードマップ通りに開発を進め投資家にTAPを引き上げてもらうような行動をとる必要があるということです。

尚不正ユーザーが出てきて51%攻撃により不正にTAPが引き上げられた場合は、プロジェクト側は元の値にTAPを引き下げ攻撃を回避することが出来ます。

途中で開発が進まなくなればトークンホルダーはプロジェクトの閉鎖を決定し残っているETHを回収することが出来ます。
全く回収できないというようなリスクはなくなります。

このDAICOが今回のThe Abyss(アビス)のICOで初めて試されることになります。

何もないよりかは良いとは思いますが、実際に開発が本当に進んでいるのかなどはトークンホルダーにはわからない部分もあるのではと思うので、そのあたりがどうなのか注目ですね。

・The Abyss(アビス)の概要

2008年に設立されたDestiny.Gamesというロシアのオンラインゲーム開発会社によるICOで、主にヨーロッパと北アメリカで成功を収めており、実績のある会社のようです。

The Abyss公式サイト

デジタル配信型ゲームプラットフォームの開発を行い、5段階の紹介報酬システムによってユーザーを呼び込むことによりマーケティング費用の削減が可能です。
ゲーマーは他のゲーマーを紹介することにより報酬が得られます。

紹介報酬やゲームの購入などはAbyssトークンでやりとりが行われます。

steemなどの他のゲームプラットフォームと差別化をしているようです。

(追記情報)
・The Abyss(アビス)がSEC(米国証券取引委員会)へ登録申請を行いました。
 https://medium.com/theabyss/into-the-archives-of-sec-48994d3aed33

・DAICOのプログラムについて、日本の技術者が指摘、非難したことに対して、公式から日本語に翻訳し反論記事を出しました。
 https://medium.com/@slivlen/possibly-the-most-unprofessional-smart-contract-review-ever-a429417f5ea1

・参加可能な通貨にBNB(バイナンスtoken)が含まれているので、すぐにバイナンスに上場する可能性が高いのではと思われます。(あくまでも可能性です。)

・The Abyss(アビス)のロードマップとICOの詳細

ロードマップ

2017年Q2~Q3 新しいコンセプトへのブロックチェーンテクノロジの統合の機会をテストする
2017年Q4   新世代デジタル配信プラットフォームThe Abyssのコンセプトを発表
2018年Q1   トークンセールの実施
2018年Q2   Abyssプラットフォーム開発を開始、The Abyssのコンセプトをゲーム開発者に発表
2018年Q3~Q4 プラットフォーム開発のアクティブフェーズ、プロジェクト立ち上げのための法的・財政的準備、ゲームプロジェクトとのパートナーシップ契約
2019年Q1   スタートアップゲームパッケージを含むプラットフォームの最初のバージョン、プロジェクト統合のためのAPI、統一された二国間通貨請求、統一された承認システム、マルチレベル紹介プログラムの最初の統合
2019年Q2~Q4 プラットフォームの積極的な開発(接続されたプロジェクトの数の拡大、パーソナライゼーションと社会化システムを紹介する、詳細な報告システムの紹介、内部CPAネットワークの紹介)
2020年    プラットフォーム機能の拡張(モチベーションプログラム、コンテンツの生成と評価の能力、オークション、シンジケート、共同ゲームの成果)
2021年~   クラウドファンディングプラットフォーム、プラットフォームのさらなる拡張

ICOの詳細

当初よりいろいろ変更になっています。

トークンセールについて
販売期間:2018年3月7日18時~4月2日18時(日本時間)
(情報によると8日の日本時間早朝5時よりKYCが始まりICOはその後のようです。)
販売価格:1ABYSS=0.24 USD
ソフトキャップ:6M USD
ハードキャップ:40M USD、300000 BNB
ボーナス:最初の48h+25%、3~7日目+15%、8~14日目+10%、15~21日目+5%
最低購入額は0.01ETH(約900円)から、1~7日目までは最高10ETH(約90万円)まで。(円は2018.2.5現在の価格です。)8日目以降は最高制限なし。
BNBでの購入は1000BNBから。

48hまではボーナスが大きいのでできればその時に買いましょう。
最初の7日間MAXが10ETHまでとなるべく多くの人に行き渡るようにしています。

・The Abyss(アビス)の購入方法

注目のICOのため早期売り切れになる可能性がありますので購入を検討される方は事前登録をしておきましょう。
事前登録は無料です。

以下公式サイトにアクセスします。
→ The Abyss公式サイト

「REGISTER NOW」をクリックします。

「メールアドレス」を入力、「パスワード」を2箇所入力(8文字以上で英数含む強固なものにしましょう)、I’m not a robotの横にチェック、その下はプライバシーポリシーを確認し同意するならチェックを入れ、「CREATE AN ACCOUNT」をクリックします。

メールが届きますので、メール内の「Yes,activate my account」をクリックします。

これで登録は完了です。

尚購入される方はログインしてSECURITYのところから二段階認証の設定もできますのでしておきましょう。

また購入にはETHが必要なので準備しておきましょう。
イーサリアム上のトークンですので購入時には取引所から送るとトークンを受け取れません
必ずERC20対応のMYEtherWalletなどのウォレットから送るようにしましょう。
またGasLimitも指定された値に設定しましょう。
(MyEtherWalletは詐欺サイトが多いです。検索で出てきたサイトで安易に登録しないよう注意下さい。)

トークン受取アドレスもMYEtherWalletのアドレスを指定するようにしましょう。

・関連記事
MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の作成方法と使い方

(追記)
ホワイトリストの登録が始まっています。sign inしてプロフィールの一番下の「CONNECT」から「TheAbyssBot」のTelegramに接続し参加して下さい。

参加すると日本語を選択できる項目が現れますので、日本語を選択し、質問に答えていって下さい。最後に投資するETH数を聞かれます。それを回答すると「KYC / AMLの手続きはまもなく開始いたします」と出て、その後Twitterフォローの案内が出ますのでそれで完了です。後日KYC登録が求められるはずです。

また、日本語専用のグループに参加できます。ローカルチャンネルの項目が現れたら日本語を選択し参加して下さい。そこでいろいろ情報が得られます。

telegramが初めての方は
https://telegram.org/
からダウンロードしtelegramに登録して下さい。

・まとめ

DAICOを初めて利用したICOであるThe Abyss(アビス)の概要と購入方法について解説しました。
DAICOの1発目ということで非常に注目されています。企業も実績のある企業ということで信頼性は高いです。
今後ゲームプラットフォームは一定の需要があるのでなかなかおもしろいとは思います。

投資に絶対はありませんので、自己責任にて参加をご検討下さい。

→ The Abyss公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする