ERC20トークンの送金ができるようになったメタマスクのベータ版

イーサリアムベースのERC20トークンが保管できるメタマスクというChromeの拡張機能として使えるウォレット。

以下の記事で使い方を記載していますが、ベータ版というものが出来ていて、今まで出来なかったトークンの送金ができるようになっています。

イーサリアム系トークンのウォレットMetaMask(メタマスク)の使い方

これが出来なかったため使うのを控えていた方もいると思います。

ICOでイーサリアムベースのトークンが使われることが多く、保管するのにマイイーサウォレットだけではハッキングリスクが高く不安でしたが、これでますます使いやすくなりました。そしてベータ版の画面もすっきり見やすくなっていて非常にいいですよ。

こちらではERC20トークンの送金ができるようになったメタマスクベータ版について解説したいと思います。

・メタマスクベータ版の使い方

ログインして右上の3本線をクリックし、「Try Beta!」をクリックします。

「新しいUIへようこそ。トークンの送金など新しい機能があります。いろいろ使ってみてください。なにか問題あればお知らせください。」というようなことが書かれています。

「X」で消します。

何かすっきりしたような気がします。
右上の出口みたいなマークをクリックすると、なんとブラウザーに表示されます。

大きい画面で操作できていいですね。

左側のアカウントのところ、「DETAILS」をクリックすると、

受信アドレスのQRコードが出ます。
下の「ETHERSCAN」のところはイーサスキャンの画面が出てこれまでの履歴等がわかります。
その下はプライベートキーのエクスポートができます。

「DETAIL」の下のアドレスをクリックするとアドレスがコピーされます。

一番下の「ADD TOKEN」をクリックすると、トークンの追加ができます。

「Search」で検索ができます。
検索で出てこないものは「Custom Token」のところで、トークンのコントラクトアドレスを入力すると自動的にシンボルと桁数が入り、追加ができます。

トークンのコントラクトアドレスはイーサスキャンの右上でシンボルを入力して検索できます。

右上の「SEND」からは送金ができます。

fromで送金するトークンを選択し、「To」に送金先アドレスを入力「NEXT」から送金します。

「DEPOSIT」は取引所などと連動して使う時に使用するものと思われます。

ログアウトは右上のマークのところから可能です。

・まとめ

ERC20トークンの送金ができるようになったメタマスクのベータ版について解説しました。
画面も見やすくなってとても使いやすくなっています。
是非使ってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする